予備校選びのポイントなどを考えてみる

大手が良いのか小規模の所が良いのかといった問題

集団授業がメインでしたが、今は選べる種類もいろいろ大手が良いのか小規模の所が良いのかといった問題ユニークな取組で人気を博している学校

授業中に理解できないことがあった時に、再度同じ授業を受けることができるので学習の効率もぐっとアップするのではないでしょうか。
以上が大まかな最近の学校の事情ですが、多くの生徒さんが学校選びの段階で困るのが、大手が良いのか小規模の所が良いのかといった問題です。
結論から言えばどちらを選ぶにせよ一長一短ということができます。
大手なら業界でも有名な講師の授業を選べるのは大きな魅力ではありますが、個々の生徒のフォローのことを考えると、どうしても手薄になってしますのは致し方ないのが現状なのかもしれません。
逆に、少希望の学校は生徒一人ひとりとのコミュニケーションがしっかりと取れていることがおおく、受験の悩みはもちろん、その他の悩み事も相談できる環境が整っている場合が多い傾向があります。
最近では、現役志向が強く、現役合格のためにやるべきことをしっかりとフォローしているところが増えているように思います。
現役合格を勝ち取るためには、部活や習い事外両立をする必要がありますが、現役志向の強い学校では授業のカリキュラムも柔軟に対応できるため無理なく学習を進めることができるようになっています。

←想像してる浪人中の自分達
予備校講師から見た浪人生→ pic.twitter.com/BziTUZKdfm

— あら浪ʕ•̫͡•ིʔྀ (@lawhumans) 2018年9月22日